スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能力値講座 第一回:種族値

お待たせ致しました!
不定期更新の√’s講座w

今回は種族値、個体値、努力値についてです。
第一回目の今日は種族値について書いていこうと思います。


種族値というのは、ポケモンのステータスを決める基盤になる数値の総称です。

その数値が高ければ高いほど実際の能力はあがります。
之はそれぞれのポケモンごとに、あらかじめ定められた数値であり、変更することはできません。

当然この種族値が高ければ高いほど優秀なポケモンであるといえます。
そこで√なりにランクをつけてみましたw

ランクA
種族値130以上
エース級実戦ライン

種族値130はラティオスの特功と同じレベルの高さになります。
また、メタグロス、ボーマンダの攻撃種族値は135になります。
実戦でのコンボを使わない力押しならこのくらいの攻撃、特功が欲しいものです。

素早さの種族値でのこの値は、サンダースやクロバットなどの超速ポケモンたちのレベルになります。

お分かりになると思いますが、130を超えると、十二分の戦力としてやっていけるレベルになります。

ランクB
種族値129~100
実戦投入可能メンバー

素早さにおいて、100はかなり早いほう。
なんたってボーマンダの素早さと同じですから。
他にも素早さではラティオス110、ガブリアス102となっています。
大体素早さはこのランクをとっとかないと先手が取りにくくなると思います。
攻撃、特功はここらへんがギリギリですね。

ランクC
種族値99~70
コンボ必要不可欠

この値まで来るとコンボを使わない限りメジャーなメンバーには勝ちづらいはず…。
その差を埋めるのはやはり技と技の組み合わせ、コンボ。
まだまだこのレベルならいけるはず。
コンボさえしっかりしていれば、油断した相手を一気に畳み掛けることができる。

ランクD
種族値69以下
実戦投入要検討

流石にここまで下になるのは進化前が殆どのはず。
しかしどうしても使用したいというなら他のポケのサポートとランクC以上のコンボが必須。

とまぁ、大体ランクB辺りからが実戦投入可能なレベルですw
1、2個ランクC~Dがあっても他の能力が高ければOKですw

大体こんなものでしょうか?w
次回は個体値ですw
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。