スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱帯魚

うちの父親は熱帯魚を飼っている。
彼曰く、3歳の頃金魚を眺めて以来、ずっと続けているらしい。

そんな父の熱帯魚が、今日一匹水槽から飛び出てしまって、お亡くなりになった。

帰ってきて報告を受けた父が、珍しく悲しみを露にしていたのが印象に残る。
お気に入りの魚だったらしく、ティッシュに包まれたそれを大事そうに手に収め、外まで埋めに行っていた。

自分のコレクションに生き物はいない、そもそもコレクションとは意味合いが違うかも知れないが。
それでも大事なもの、ましてや大切に育てていた熱帯魚が突然死んでしまうのは自分にもよくわかる気がする。

一瞬だけ見た父親の寂しそうな、なんとも言えない表情。
それから直ぐに機嫌は戻っていたが、ちょっと無理してそうだ。
今夜は俺が食事を作っておいて、正解だったかもしれない。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。