スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vジャン情報 その1

そろそろ暑くなってきたので、デザイン変更。
夏らしいデザインは大好きです。w

広告消しも採用しました。
ブログ全体が重くなる可能性もありますが、広告が邪魔すぎるので…。
もし重過ぎて困る、という方がいたらご連絡下さい。


さて、今回は全員応募サービスの5枚の効果詳細と個人的総評。
というか、久々に長い記事書いたな。((

これでもか、とばかりに長いので詳細は続きを読むから、どうぞ。

全員応募サービス
LIMITED EDITION 15

オレイカルコス・シュノロス
闇/10/機械/ATK ?/DEF 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する、通常モンスターが戦闘によって破壊された場合、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力は相手フィールドに存在する、モンスターの数×1000ポイントアップする。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上に表側表示で存在する、レベル4の通常モンスターはカードの効果では破壊されない。

ガーディアン・エアトス
風/8/天使/ATK 2500/DEF 2000
自分の墓地にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
このカードに装備された装備魔法カード1枚を墓地へ送る事で、相手の墓地に存在するモンスターを3体まで選択し、ゲームから除外する。
この効果でゲームから除外したモンスター1体につき、エンドフェイズ時までこのカードの攻撃力は500ポイントアップする。

ダークネス・ネオスフィア
闇/10/悪魔/ATK 4000/DEF 4000
このカードは通常召喚できない。
相手モンスターの攻撃宣言時、自分の手札・フィールド上から、悪魔族モンスターをそれぞれ1体ずつ墓地へ送る事でのみ、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードは戦闘では破壊されない。
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する、罠カードを全て手札に戻す事ができる。

クリアー・バイス・ドラゴン
闇/8/ドラゴン/ATK ?/DEF 0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカードのコントローラーに、「クリアー・ワールド」の効果は適用されない。
このカードが相手モンスターに攻撃する場合、ダメージ計算時のみこのカードの攻撃力は、攻撃対象モンスターの攻撃力の倍になる。
このカードが相手のカードの効果によって破壊される場合、代わりに自分の手札を1枚捨てる事ができる。

クリアー・ワールド
フィールド魔法
このカードのコントローラーは、自分のエンドフェイズ毎に500ポイントを払う。
または、500ライフポイントを払わずにこのカードを破壊する。
お互いは、コントロールしている属性によって以下を適用する。
●光:自分は手札を公開し続ける。
●闇:自分フィールド上のモンスターが2体以上の場合、自分は攻撃宣言ができない。
●地:自分のスタンバイフェイズ時、自分の表側守備表示モンスター1体を破壊する。
●水:自分のエンドフェイズ時、自分の手札を1枚捨てる。
●炎:自分のエンドフェイズ時、自分は1000ポイントダメージを受ける。
●風:自分は500ライフポイント払わなければ魔法カードを発動できない。




エアトスが半端ないな…。
まず初手でなら問題なく特殊召喚できるのがやばい。
これから新ストラクで装備猛プッシュするというのに、この強力能力とは…。
このカードが入れば、パワーツールの装備サーチが自ターンメイン限定のクロウ3発分に。
更に自身はパワーアップで攻撃力3000~4000。
原作効果のままだと上限なしであがるけど、これでも十二分に強力。


次点で強力なのがクリアーバイス。
エアトスに隠れてはいるものの、実質攻撃面ではアバター上位の非常に強力なカード。
戦闘破壊は確実な上に、実質相手の攻撃力分ダメージを与える
被戦闘時には上昇効果が発動されないものの、手札1枚を犠牲に戦闘破壊を免れる。
無属性効果はクリアーワールド打消しの効果に変更され、強化される。
☆8でトレードイン対応、更に召喚・特殊召喚に一切制限なし
最上級ドラゴンはまた切り札を1枚手に入れたといったところ。
レダメと並んだらいやな事この上ないかも…。;w



んで、偽ネオスことネオスフィア。
まさかラスボスが皮肉にも主人公のパートナーであるネオスの名前を、故意ではないにしろ冠してしまうことになるとは…。w
感覚的にはゴーズに近い反面、ディスアド2枚がややきつい。
アドバンス召喚よりは2体を場にそろえる必要もないので非常に楽なものの、使う手札枚数は変わらない。
しかし、下級がいきなり攻守4000かつ戦闘破壊不可のモンスターになったりしたら、確かに堪ったものではないかも…。
悪魔族さえ生き残っていれば寒波中でも特殊召喚できるものの、肝心の悪魔族を効果モンスターで除去し攻撃する事が大前提なので、ややきつい。
終焉の焔などと併用できれば大したもの。
一応グラビティバインドなど攻撃ロックカードを手札に戻すことが出来るので、ビート&ロックでは活躍できるかも…?



そして、オレイカルコスシュノロス。
こいつはまぁ見た目がきもい上に効果もきもい。(((
何故通常モンスター依存なのかが全く解らない上に、攻撃力も相手依存で守備は0。
効果も☆4通常モンスター限定と全く意味が解らない。
これは、情報源の誤りなのか…当日に大逆転があるかもわからないので、今は保留。
…と思って調べた矢先に画像ソース見つけて効果は正解、ダメだこりゃ。;w



最後は久々の限定魔法、クリアーワールド。
フィールド魔法でウルトラレアはネクロバレー以来で、LIMEDにフィールド魔法は初だそうな。
効果は維持コストが追加された以外は、原作の効果のまま各属性コントローラーへのネガティブエフェクト発生。
…なのはいいのだが、ちょいとこれ、地・闇・光のメジャー属性はエフェクト緩すぎないか?;
なのに炎・水・風はかなりきつい…ってそりゃねーだろ。;w
あれか、コンマイは本気でマイナー潰ししたいんか。(
ちなみにTF3と現実版ではこんなに違う。

光:手札を公開し続ける。→手札を公開し続ける。(変更なし)
闇:攻撃宣言不可。→モンスター2体以上で攻撃宣言不可。
地:エンドフェイズに自分のモンスター1体破壊。→スタンバイフェイズに表側守備表示モンスター1体破壊。
水:エンドフェイズに手札を1枚捨てる。→エンドフェイズに手札を1枚捨てる。(変更なし)
炎:エンドフェイズ時1000ダメージ。→エンドフェイズ時1000ダメージ。(変更なし)
風:魔法発動不可。→魔法使用に500ライフかかる。

風が若干緩和されているものの、地の優遇には到底及ばない。
結局コンマイがどれだけメジャー種族を売りにしたいのか、よくわかるカードになってしまった。;



どのみちエアトスが必須なので、今回は9冊が固いかな。
次回はストラク他のカードを紹介。
それではノノシ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。